香りでコンディショニングとは

アロマセラピーとは

アロマセラピーという言葉は現在では一般的になりました。
様々なショップなどで精油をよく見かけ、実際に利用している方も沢山いらっしゃいます。
アロマセラピーを日本語で一言で言うと『芳香療法』という意味になります。
1920代にフランスの科学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが、化学実験の最中に手に薬品で火傷を負い、とっさに近くにあったラベンダーのオイルで治療したことをきっかけに精油の薬理効果を研究し、論文を発表しています。その時「アロマテラピー」という言葉が出来ました。
フランスでは現在でも、精油はや医薬品として扱われ、医師の処方により、経口投与・座薬等、治療を目的に使用されています。
1960年代に入り、アロマテラピーはイギリスに渡ります。
イギリスでは「アロマセラピー」と発音されるようになりました。
イギリスでは治療目的ではなく、リラクゼーション・美容・マッサージにと生活の中で使用されています。日本ではリラクゼーションに用いられることが多いでしょう。
最近では、「メディカルアロマ」という分野もでき、認知症の予防やアンチエイジングなどの活用に使用している医療機関もあるようです。


香りでコンディショニング

食物に様々な栄養素があるように、植物には様々な芳香分子があります。

「ラベンダー=リラックス」というイメージがおそらくあると思います。

ラベンダーの主成分とするエステル類に加えモノテルペン炭化水素類・セスキテルペン炭化水素類に鎮静作用があると言われているからです。このようにそれぞれの植物の芳香分子の働きにより、この香りを嗅ぐと「落ち着く」「元気になる」「ゆっくり眠れる」「スッキリする」など非常に感覚的なものではありますが、これらの感覚は香りによる作用とみられており、なないろクリニカルルームでは、その日の身体の状態をお伺いし、沢山の香りの中からオススメの香りをお選びし、オイルトリートメントに使用することで、精油の持つ作用を活かし、手と香りにより体液循環を促進、皮脂腺の働きの活性を期待し、心身のバランスを整えていきます。

もちろん施術中お話していただいても構いません。リラックスの方法は人それぞれです。話すことがリラックスになる方もたくさんいらっしゃいます。しっかり寝たいという方は寝ていただいても結構です。

心地よい香りに包まれながらのんびりとした時間をお過ごし下さい。

※あくまでもリラクゼーションの範囲での対応になりますので、なんらかの疾患(ケガ・病気)をお持ちの方は医療機関の受診をお勧め致します。