日本の森から生まれたエッセンシャルオイル

こんにちは。

今日はかなり暑くなりました。

水分補給は忘れずに熱中症にご注意ください。


なないろクリニカルルームでは日本の森から生まれたエッセンシャルオイル『yuica』を

取り扱っております。

現在は檜(木)、姫小松(木)、ゆず(果皮)の3種類です。

私たち日本人にはおなじみの香りで、のんびりゆったりした時間をお過ごしいただけるよう、

今後も国産精油を取り扱いを増やしていきます。

檜は昔から建築資材に使用され、「日本書紀」にも神社は作るよう指定されているほど、

ある種『神々しい』香りがあります。ヒノキの幹には地中から吸い上げられた水分が含まれ、

木部から採った精油はほのかな土の香りがします。

姫小松は狂いの少ない木として「木型」にも使われる材です。

マツ科の他の木よりも香りが柔らかく、落ち着いた気分を誘います。

ネロリ(オレンジ・ビターの花)に含まれていることで有名なネロリドールを含む木として

貴重です。

柚子は四万十川流域で育てられた柚子の果皮から精油を抽出。

日本人にはなぜか懐かしい柚子の香り、圧搾法とは少し違う柚子の香りが楽しめます。

ぜひほのかに香る、日本の香りをお楽しみください。

nanailo

なないろクリニカルルーム内で行うアロマオイルトリートメントの専用サイトです。 日々の疲れやストレスなどを 香りと手で癒していきます。 普段の姿勢や筋肉の張りに応じて日々の生活でできる簡単なストレッチやエクササイズなどもアドバイスいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000